SAP ニュース

SAP、顧客を今すぐ理解するための新しいデータ機能、SAP® Digital Consumer Insightを発表

SAPおよびパートナーのデジタルソリューションを使って、誰でも「Run Live, Right Now」できる方法を実証
(本リリースは、5月19日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は、SAPで初めてのデータ・アズ・ア・サービス(data-as-a-service)であるSAP® Digital Consumer Insightデータサービスを発表しました。このサービスは、SAPStore.comでクレジットカードを使い手ごろな価格で簡単に購入することができます。

本サービスにより、実際の消費者行動をより深く、正確に理解することで、店舗や該当地点(POI)を行き来する人々の統計情報を特定できるようになります。本サービスで得られるインサイトは、ほぼリアルタイムのモバイルデータに基づいており、消費者がどこから来たのか、彼らの年齢層や性別などの詳しい情報、および、ほかの地域や競合他社との比較、消費者の使用デバイスなどが含まれます。消費者の特定の場所における「モバイルモーメント」を把握することにより、ユーザーは広告、近接マーケティング、配置計画、販売戦略、およびキャンペーンに適用できるインサイトを獲得することができます。

Brooklyn Bowl社のマーケティングディレクター、Emma Matthieson氏は次のように述べています。「人々は常に変化するものです。したがって、私たちは音楽から飲み物のメニューに至るまで、全般的なエクスペリエンスをできる限りカスタマイズする必要があります。SAP Digital Consumer Insightを使うと、イベントごとの参加者の混合率が分かり、そのエクスペリエンスを好む同じカテゴリの人々を惹きつけるための広告を仕立てることもできます」

SAP Digital Consumer Insightは、モバイルネットワークのデータを活用するために最新のアナリティクス、インメモリ、およびクラウドの技術を利用しており、ユーザーはより効率的かつ大きな影響力を与えるマーケティングとカスタマーリレーションシップマネージメント(CRM)の戦略を開発することができます。データは匿名化し集計してから提供されるため、個々の登録者のプライバシーは守られます。

最高デジタル責任者兼SAP Digitalの責任者であるジョナサン・ベッカー(Jonathan Becher)は次のように述べています。「消費者行動についての豊富な情報がオンラインで入手可能ですが、企業はこれまで実際の場所における消費者行動について同様の情報を得ることができませんでした。SAP Digital Consumer Insightでは、あらゆる規模の企業が指定した場所の消費者についてより多くのことを把握でき、メリットを得られます。インサイトの活用によって、製品とサービスの改善やマーケティングキャンペーンの効率化を行い、拡大のための場所を調査し、そして競合他社についてもっと理解することさえも可能になります」

最初のサービスは米国のモバイルデータベースに基づきますが、インサイトはSAP Storeが利用できる所であれば購入可能です。SAPは今年末までに追加した地域からのデータも増やしていく予定です。ユーザーは、デジタルフレンドリーな価格の439米ドル(399ユーロ)で1つのデータファイルにアクセスして小さく始めるか、あるいは1,429米ドル(1,299ユーロ)で5ファイルを利用することができます。これらは、特に「自ら独力で行う(do-it-yourself)」マーケティング担当者、個人の小売業者、ビジネスオーナー、およびマーケティング、販売、計画部門やエージェントの担当者の方々に有効にご利用いただけます。SAPは、SAP Digital Consumer Insightに加え、米国と他の地域のより包括的な行動と場所のデータにアクセスする必要があるユーザー向けに、エンタープライズクラウドソフトウェアソリューションのSAP Consumer Insight 365モバイルサービスも提供します。

SAPだけが真のアプリケーションマーケットプレースを提供
SAPStore.comにおいてセルフサービスのdo-it-yourselfモードで入手できる最新のオファリングは、誰でもソフトウェア、教育、データ、コンテンツなど、SAPとパートナーのサービスをデジタル購入によって数分で簡単に、ほとんど人の介在なくして購入し使用できるようにするという、SAP Digitalグループのねらいと完全に一致しています。

Forrester社のアプリケーション開発およびデリバリーのバイスプレジデント 兼 主席アナリスト、Liz Herbert氏は次のように書いています。「主要な独立系ソフトウェアベンダーの中でSAPだけがストアのあらゆるサービスをクレジットカードで購入できる真のマーケットプレースを提供しています。SAPは誰もがアクセス可能なパブリックURL上で利用できるマーケットプレースと一部のSAP製品のアプリケーション内での購入の両方を提供しています」*詳しくは、こちらから最新のForresterレポートをダウンロードしてご覧ください。

SAPおよびパートナーからのライブでデジタルなオファリングの活用は、お客様にとって大きなメリットとなります。現在、SAP Digital CRMソリューションと SAP Crystalソリューションを始め、これらのオファリングは、SAPStore.comにおいてオンラインで世界のおよそ190カ国(32カ国から増加)で入手できるようになりました。今年末までにSAP Digitalの主要なオファリングが世界中で利用できる予定です。さらに、パートナーは、SAPStore.comに参加することによって、市場プレゼンスを高め、顧客へのアクセスを拡大し、受注を促進することができます。

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国310,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

このウィンドウを閉じると、入力中の情報がすべて破棄され、メインページに戻ります。